読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saninspotmatic

島根県西部~山口県北部で写真を撮ってます。

新緑のお勧めスポット②「道永の滝」

20170511-_DSC6772.jpg

新緑のお勧めスポット②

山口県萩市「道永の滝」

前回紹介した「畳ヶ淵」の近くなので、ここも一緒に訪れるべき!!

道永の滝 - 萩市須佐おもてなし協会オフィシャルサイト

 

落差70mの滝との事ですが、そこまでの高さは無いような感じ。

水の流れが多方に別れ、とても力強い滝です。

続きを読む

新緑のお勧めスポット「畳ケ淵」

20170511-_IMG9897.jpg

山口県萩市にある「畳ヶ淵」

萩市といってもかなり範囲が広いですが・・・

矢冨というちょっと山の方に入った所です。

 

約40万年前、火山が噴火した際、溶岩の流路が龍に似ていることから、

「龍が通った道」と名づけられているみたいです。

龍が通った道・猿屋の滝 - 萩市ホームページ

 

続きを読む

一貫野の藤

20170511-_IMG9687-Edit.jpg

大きな藤の木と下を流れる川。藤の撮影スポットとしては超有名!!

山口県山口市仁保地区

「一貫野の藤」を撮りに行ってきました。

一貫野の藤 仁保Web.com

 

続きを読む

三隅公園のつつじ

20170503-_DSC4521.jpg

 島根県浜田市三隅町にある「三隅公園」

梅のスポットでもありますが、5月上旬にはつつじも見頃になります。


www.city.hamada.shimane.jp

 

続きを読む

津和野のお勧めスポット「つつじの里」

20170504-_DSC4934.jpg

みなさん、ゴールデンウイークは如何お過ごしでしょうか?

島根県鹿足郡津和野町にある青野山の麓では、

満開のつつじと、鯉のぼりが初夏の訪れを告げています。

続きを読む

ここもおすすめ。東後畑の棚田

20160429-R0058866-Edit.jpg

山口県長門市油谷町にある「東後畑の棚田

今人気の元乃隅稲成神社から近く、これからの季節は棚田に水が張られ、

とても美しい景観が広がっています。

また、棚田に映る美しい夕日、

マジックアワーの終わりに輝き出す漁火がとても幻想的

カメラマンからはお馴染みのスポットとなっています。

(2017/4/27現在:棚田に水が入っています)

 

美しい夕日

20170427-_DSC4198.jpg

日没1時間前ぐらいから、夕日が色を帯びてきます。

棚田に映り込む空がとても奇麗

 

20170427-_DSC4245.jpg

日没後も美しい☆彡

6月ごろになると海に沈む夕日を見ることが出来ると思います。

 

漁火が織り成す幻想的な景観

20170427-_DSC4326-Edit.jpg

これは今年(2017年4月撮影)

太陽が水平線に沈むと、マジックアワーの始まり。

漁火が輝き始めます。

残照に照らされる棚田と、漁火の組み合わせはココでしか味わえません。

残念ながら今年はイカが不漁であり、出ている船が少ないかも(>_<)

 

20160429-R0058866-Edit.jpg

20160429-R0058853-Edit.jpg

この写真は昨年撮影したものですが、

運が良ければ沢山の漁火を拝む事が出来るんです!!!

 

増えつつある休田

20150504-_IGP5038.jpg

年々、水を張らないところが増えています。

管理される方の負担を思えば、致し方ない事かもしれません。

ただ、自然の景観でなく、人の手に支えられた場所である事を忘れてはならない。

 

近くには民家があり、棚田沿いの道は路駐禁止となっています。しかし、訪問するたび、写真を撮るために車を止めるカメラマンが多い印象です。

マナーを守って撮影を楽しみたいものです(>_<)

 

場所

山口県長門市油谷後畑

191号線から5-6km、約10分程度

 無料駐車場。トイレもあるので安心。

元乃隅稲成神社」からは車で10分位なので一緒に訪れるべき!! 

 

終わりに

棚田にシーズンはこれからですが、夕方になるとカメラマンが押し寄せます。

夕日を抑える場所はあまり広くなく、三脚が立ち並びますので、かなり早く場所を取らないと厳しい戦いになると予想されます。

最近はイノシシ(結構デカめ)がうろちょろしているので、気をつけてください!!

津和野の流鏑馬神事を撮る

20170409-_DSC2205.jpg

津和野流鏑馬神事を撮ってきました。

今年は4月9日の開催。

桜の開花が例年より遅くなったので、

満開の桜をバックに撮影することが出来ました。

 

tsuwano-kanko.net

続きを読む