saninspotmatic

FUJIFILMユーザー@島根県西部

”匹見町”に紅葉を見に行ってきた。

夜明け前から雲海を目当てに津和野へ・・・

寒すぎて雲海どころか霧も出ていないという残念な状態。

という事で急遽、匹見町の紅葉へ作戦変更。

 

到着すると嬉しい誤算。霧がかかっている!!!

少し高台へ移動して、町を見下ろす。

日の出前は雲海だったのかな??

もう少し高い所から見下ろしたいけど良い所が思いつかない(-_-;)

 

ふと見渡すと月が山並みの奥に見える。

望遠で切り取ってみる。

地元の人に聞いた所、昔はもっと赤々としていたと

山が荒れてきてモミジの木が育たないらしい。

今でも十分奇麗ですけど、真っ赤に燃えるような紅葉も見てみたいな。

 

日女ヶ森匹見八幡宮

こちらのイチョウはもう少しか?

もう一度チャンスがあれば行ってみたい。

 

さて、霧が晴れてきたので、今度は霜を目当てに車を走らせる。

霜の草原の中に罠が口を開けている

土がえぐられている所がある、猪の仕業か?

 

霜と紅葉のコントラスト

奥のモミジにも霜がうっすら。

何気ない風景をしっかり撮れるようになりたい。

 

柿の木

 

ちょっとした霧氷と紅葉

まさか、こんなの見れると思っていなかった。

 

凄いな”匹見”

ポテンシャルはこんなもんじゃないだろうな。

 

面積の96%は森林らしいです。

特産品の木のパズルを是非↓

 

 

アクセス