saninspotmatic

FUJIFILMユーザー@島根県西部

大山の紅葉を見に行ってきた(2019)

いよいよ紅葉シーズン到来。これから写真活動が忙しくなりますね^^

最近、忙しくて余裕が無かったんですが、ひと段落したので大山に行ってきました。

昔のやつ↓

鍵掛峠

とりあえずどこへ行くかといわれると此処。

到着は夜。ガスってたので仮眠をとって、深夜に目覚めると一面の星空。

ああ、来て良かった。さすが星取県。

 

15分一枚撮り+ノイズリダクション

パソコンでコンポジットするのがめんどくさいので、長時間露光で撮影。

ここでカメラを忘れて寝落ち・・・

 

明るくなってきた

天気が良すぎて、雲はなし。大山南壁が薄っすら浮かび上がる。

星が撮りたいというよりも、朝の空気を感じる事が好き。

 

朝日が射す

赤色に近い光が、岩壁を照らす。

徐々に草付き付近まで照らされていくが、徐々に色が無くなっていく。

 

8時ごろになると、文殊の尾根が大きな影を作る。

南壁の影が減って来てのっぺりした印象になってきた。

これぐらいで鍵掛峠は終わり。次のスポットへ向かいます。

木谷沢渓流

鍵掛峠からすぐ近く。

最近は人も増えてきて、ゆっくり撮影出来ないので数枚撮って撤収。

少しづつ苔が剥げてきてたり、ゴミが目立つようになってきた。

 

色付き始めといった感じ。

この後に、川床から矢筈ヶ山へ行こうかと思っていましたが思いのほか時間が過ぎてしまって断念。

 

某所

全体的にはまだ早いので、少し標高を上げて・・・

上の方は良い感じだけど、青葉もあったりしてまだ少し早いかな?

筋雲が秋の訪れを感じさせてくれます。

 

槍ヶ峰直下も良い感じ。

 

鍵掛峠(夕方)

当然だけど、朝とは影の出る方向が違う。

個人的な感覚ですが写真を撮る分には、夕方の方がよさげ

紅葉シーズンになると、駐車場が結構混雑するので早めの行動がオススメです。

 

夕日の色がついてくると、紅葉も鮮やかに

朝は文殊尾根の影をどうするか悩ましい所ですが、夕方は光が当たって奇麗。

あとは、真っ赤な夕陽が南壁に当たってくれれば・・・

と思っていましたが、このまま暗くなって終了。 

 

今年は遅いみたいです。これからが楽しみですね^^